作者紹介

五十嵐健二

1943年 群馬県に生まれる。
1965年 武蔵野美術大学油絵学科卒業。
名取尭・麻生三郎・森芳雄に指導を受ける。
1977年 張子人形の愛好家が各地に増え、求めに応じ、各地で実演製作展観を行う。
1989年 (有)春日部張子人形店を設立。「玩古庵」という号を称す。
1992年 春日部市より墨彩画制作の依頼を受け、作品は同市姉妹都市アメリカ・カリフォルニア・パサディナ市に寄贈される。
1993年 ニューヨークジャパンフェスティバルに出品。渡米展観。
1994年 敷日本郷土玩具館にて以降毎年9月に個展開催。
銀座松屋「和の座」にて以降毎年5月と12月の年2回個展開催。
1995年 「張り子 伝統から創作へ」(日貿出版社)作品集発売。
個展、有楽町「マリオン」画廊にて「五十嵐健二の世界展」開催。
1998年 個展、有楽町「マリオン」画廊にて2度目の個展を開催。
1999年 「ゆーもあ画帖」(日貿出版社)画集発売。
京都四条烏丸・大丸にて個展開催。以降毎年6月に個展開催。埼玉県優良県産品認定。
その他経歴
  • その他、全国の有名百貨店、ギャラリーにて個展・作品展を開催、及び出品し、ホテルや伊勢神宮おかげ横町の「招き猫祭り」等の各種イベントにも参加。
  • 全国の公演にも出席し、独演会もこなす。
  • (財)日本工芸館工芸展の民芸部門にて最優秀賞を4度受賞。
  • NHK、フジテレビ、日本テレビなどの「ポンキッキ」「週末散歩」等、また各地の地方テレビ等、ラジオ等数々の番組に出演や作品の紹介を受けている。また、新聞の取材にも応じ、雑誌「太陽」「RAIL MAGAZINE」や「萬福猫百覧会」等の出版物にも掲載されている。

五十嵐俊介

1971年 五十嵐家の長男として埼玉県に生まれる。
1992年 小学生の頃から父・健二の師事を仰ぎ、張子人形に携わるが、大学在学中のこの年に、新たに飴細工師「有芽屋・3代目」の鈴木栄三氏に弟子入りをする。
1995年 大学卒業と共に「張子師」の修業を本格的に開始をする。
その他飴細工も「張子」の修業の一環として熱心に学ぶ。
1997年 この年に「飴細工師」としての免許皆伝。正式に4代目を襲名。
「張子師」としても本格的に活動を開始し、父の仕事の補佐をしながら、作品を発表。
また飴細工師としても個別に活動し、各種のイベントを精力的にこなす。

テレビ朝日「伝統を継ぐ若者達」出演。
テレビ埼玉「さわやか彩の国人物紀行」出演。
テレビ東京取材
1998年 北海道の中学生からバスツアーで取材を受ける。
台湾で「日本の伝統芸」のイベントに参加。
好評を博す。
2000年 ギャラリーワンネスにて初個展。
2001年 ギャラリーワンネスにて2回目の個展。
浅草松屋ギャラリーにて個展。
テレビ東京「伝統の技特集」出演。
雑誌「武州路」取材。
東京新聞「ショッパー」取材。
アメリカ・LAのコンベンションセンターにて「JAPAN・EXPO」展観。
2005年 象牙根付作家の駒田柳之氏に師事し象牙彫刻の手ほどきを受ける。

五十嵐祐輔

1974年 五十嵐家の次男として埼玉県に生まれる。
1997年 小学生の頃から父・健二に師事し、技術を磨き、大学を卒業したこの年から本格的に張子師として修業を開始。
1998年 父の仕事の補佐をしながら作品を発表。
2000年 張子師として父・兄に次いで活動を続ける一方、音楽活動も行っており、初のCDアルバム「ネオボンボンライフ」(MOGレコード)からリリース。
バンド「各駅停車」のリーダーとして活躍。

ページトップ